2018.8.16 05:04(1/3ページ)

150キロ怪物!日大三の2年生右腕・井上、ぶっつけ聖地で3回0封/甲子園

150キロ怪物!日大三の2年生右腕・井上、ぶっつけ聖地で3回0封/甲子園

2年生右腕、井上が今夏初登板。いきなり150キロを投げるなどインパクト十分な内容だった(撮影・渡辺恭晃)

2年生右腕、井上が今夏初登板。いきなり150キロを投げるなどインパクト十分な内容だった(撮影・渡辺恭晃)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第11日第3試合(日大三8-4奈良大付、15日、甲子園)第100回全国高校野球選手権大会第11日は15日、2回戦4試合が行われ、日大三(西東京)、龍谷大平安(京都)、木更津総合(東千葉)、下関国際(山口)が勝ってベスト16が出そろった。5年ぶり出場の日大三は、奈良大付を8-4で下し、東京勢春夏合わせて通算300勝を達成。西東京大会を含む今夏初登板となった井上広輝投手(2年)が、最速150キロをマークするなど3回無安打、4奪三振と快投を見せた。2011年以来7年ぶりの全国制覇を目指し、17日の3回戦では龍谷大平安と対戦する。

 衝撃的な復活劇だった。今夏初登板となった先発の2年生右腕、井上が自己最速を3キロ上回る150キロをマーク。二回二死から植村への5球目、電光掲示板に「150」の数字が刻まれると、4万人の観衆がどよめいた。

 「まだベストではないので、自分の中ではあと2、3キロは投げられる自信があります」

 周囲の興奮をよそに、背番号11はさらりと言ってのけた。しかも、この日はぶっつけ本番。全国切符を懸けて戦った西東京大会はおろか、4月28日の春季大会準決勝以来の実戦登板で、3回を無安打無失点、4奪三振で終えると「無我夢中で投げた結果。最高に気持ちよかった」と笑った。

【続きを読む】

  • 3回戦進出を決め、日大三ナインは笑顔で駆けだした
  • 2005年夏に京都外大西との決勝で五回途中に登板。九回二死で自己最速150キロを投げ、空振り三振を奪って夏連覇を達成した田中将大(駒大苫小牧)
  • 11年夏に帝京(東東京)との1回戦で四回途中から登板。五回に自己最速にあと1キロに迫る150キロをマークした大谷翔平(花巻東)
  • 13年春に広陵(広島)との2回戦で2年生では甲子園最速の152キロ。同夏の三重戦(2回戦)では甲子園最速に並ぶ155キロ(自己最速は157キロ)を計測した安楽智大(済美)
  • 今大会の開幕試合(1回戦)の藤蔭(大分)戦で八回に150キロを計測。自己最速を3キロ更新した奥川恭伸(星稜)
  • 先発の日大三・井上=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 先発の日大三・井上=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 1回、先制の適時打を放つ日大三・中村=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 3回、適時打を放つ日大三・小沢=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)
  • 2番手の日大三・河村=甲子園球場(撮影・渡辺恭晃)
  • 今夏の甲子園・主な2年生投手の球速
  • 都道府県別甲子園春夏通算勝利ランク
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 150キロ怪物!日大三の2年生右腕・井上、ぶっつけ聖地で3回0封/甲子園