2018.8.15 16:39

【試合結果】日大三が終盤に奈良大付を突き放す、東京勢春夏通算300勝目

【試合結果】

日大三が終盤に奈良大付を突き放す、東京勢春夏通算300勝目

1回、先制の適時打を放つ日大三・中村=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)

1回、先制の適時打を放つ日大三・中村=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第11日第3試合(日大三8-4奈良大付、15日、甲子園)5年ぶり17度目出場の日大三(西東京)が12安打8得点と自慢の打撃で初出場の奈良大付を下し、8年ぶりに3回戦へ進出した。東京勢は春夏合わせて300勝目。井上広輝(2年)、河村唯人(3年)の投手リレーで15三振を奪い追撃を振り切った。

 日大三は東京大会は登板のなかった井上、奈良大付はエース木村が先発。

 一回、日大三は2本の安打などで二死一、二塁として5番・中村の右中間2点二塁打で先制した。

 三回、日大三は安打と死球などで二死二、三塁から6番・小沢の右前適時打で追加点。

 四回、日大三は無安打に抑えていた井上に代えて2番手で左腕の河村がマウンドに上がる。奈良大付は3番・東郷がこの試合初となる右前打を放ち、さらに死球で二死一、二塁としたが河村に6番・植村が三振に打ち取られた。

 六回、日大三は四球と安打などで一死一、二塁から8番・佐藤英の左前適時打、1番・金子の二塁適時内野安打で5-0とリードを広げた。

 その裏、奈良大付は安打と四球などで一死一、三塁から4番・上野が左中間スタンドへ3点本塁打を放ち2点差と迫った。

 追い上げられた日大三は八回、8番・佐藤英の中前適時打、九回には途中出場の6番・高木の左越え2点本塁打で突き放した。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 3回戦進出を決め、笑顔で駆けだす日大三ナイン=甲子園
  • 2回戦で敗退し、整列する奈良大付ナイン=甲子園
  • 先発の日大三・井上=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 先発の日大三・井上=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 3回、適時打を放つ日大三・小沢=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)
  • 9回表日大三二死二塁、高木が左越えに2点本塁打を放つ。捕手植村=甲子園
  • 2番手の日大三・河村=甲子園球場(撮影・渡辺恭晃)
  • 日大三・小倉監督=甲子園球場(撮影・渡辺恭晃)
  • 日大三に敗れ、グラウンドの土を集める奈良大付ナイン=甲子園
  • 6回、3点本塁打を放つ奈良大付・上野=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 6回、3点本塁打を放つ奈良大付・上野=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 6回、3点本塁打を放つ奈良大付・上野=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 【試合結果】日大三が終盤に奈良大付を突き放す、東京勢春夏通算300勝目