2018.8.15 05:02(1/2ページ)

漢人わずか88球で完封!常葉大菊川、珍名エースで5年ぶり3回戦進出/甲子園

漢人わずか88球で完封!常葉大菊川、珍名エースで5年ぶり3回戦進出/甲子園

接戦を制した常葉大菊川ナインは笑顔で応援席の声援に応えた(撮影・佐藤徳昭)

接戦を制した常葉大菊川ナインは笑顔で応援席の声援に応えた(撮影・佐藤徳昭)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第10日第1試合(常葉大菊川3-0日南学園、14日、甲子園)常葉大菊川が3-0で快勝し、3回戦進出を決めた。漢人(かんど)友也投手(3年)が7安打無失点、わずか88球の省エネ投球で完封勝利を挙げた。

 「コントロールよく、テンポよく投げられた。完封できてうれしい」

 身長1メートル80、最速140キロの本格派右腕が、緩急自在の投球をみせた。二回は5、6、7番を1球ずつ3球で料理し、五回は7、8、9番を4球で打ち取った。4併殺打も球数減に拍車をかけた。

 夏の甲子園では1985年に東洋大姫路の豊田次郎が高岡商戦で記録した74球完封には及ばなかったが、快投でチームを5年ぶりの3回戦進出に導いた。

【続きを読む】

  • エースの漢人(かんど)がわずか88球で完封。3回戦進出に導いた(撮影・渡辺恭晃)
  • 先発の常葉大菊川・漢人=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 6回、笑顔を見せる先発の常葉大菊川・漢人=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 日南学園を完封し、笑顔の常葉大菊川・漢人(左)=甲子園
  • 戦況を見守る常葉大菊川・高橋監督=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 3回、適時打を放つ常葉大菊川・鈴木=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 3回、適時打を放つ常葉大菊川・鈴木=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  • 6回、三塁打を放つ常葉大菊川・榛村=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 6回、適時打を放つ常葉大菊川・岡田=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 6回、適時内野安打を放ちガッツポーズする代打の常葉大菊川・岡田=甲子園
  • 日南学園に勝利し、笑顔で応援席へ駆けだす常葉大菊川ナイン=甲子園
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 漢人わずか88球で完封!常葉大菊川、珍名エースで5年ぶり3回戦進出/甲子園