2018.8.15 05:01

横浜、及川→板川→黒須の継投も…ヒヤヒヤ勝利/甲子園

横浜、及川→板川→黒須の継投も…ヒヤヒヤ勝利/甲子園

先発の横浜・及川=甲子園球場(撮影・甘利慈)

先発の横浜・及川=甲子園球場(撮影・甘利慈)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第10日第3試合(花咲徳栄6-8横浜、14日、甲子園)横浜が3投手の継投で辛くも逃げ切った。甲子園初先発の及川(およかわ)は、七回途中7安打4失点の内容を「立ち上がりの1点は反省点。途中で(本塁打を)2本打たれ、ベストピッチできていなかった」と反省。及川の後はエース・板川が1回無失点の好救援も、3番手・黒須が九回に捕まって2失点。最後は2点リードでの二死満塁まで追い詰められ、ヒヤヒヤの勝利となった。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 7回途中からマウンドに上がった横浜・板川=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 9回、花咲徳栄・韮沢に四球を与え、1死満塁とした横浜・黒須=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 8回からマウンドに上がった横浜・黒須=甲子園球場(撮影・甘利慈)
  • 勝利し、歓喜する横浜・黒須=甲子園球場(佐藤徳昭撮影)
  • 勝利し、歓喜する横浜・黒須(11)ら=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 横浜、及川→板川→黒須の継投も…ヒヤヒヤ勝利/甲子園