2018.8.14 10:00(1/3ページ)

【科学特捜隊】パ首位打者争いの行方 鷹・柳田、日本ハム・近藤、西武・秋山三者三様の持ち味

【科学特捜隊】

パ首位打者争いの行方 鷹・柳田、日本ハム・近藤、西武・秋山三者三様の持ち味

特集:
科学特捜隊
ソフトバンク・柳田

ソフトバンク・柳田【拡大】

 科学的なアプローチで斬り込むサンケイスポーツ東京発刊55周年企画「科学特捜隊」の第14回は、パ・リーグで首位打者を争うソフトバンク・柳田悠岐外野手(29)、日本ハム・近藤健介捕手(25)、西武・秋山翔吾外野手(30)にスポットを当てる。各種スポーツのデータを収集、分析する「データスタジアム社」の協力により、日本を代表する好打者3人の共通点やそれぞれの特徴が判明した。(取材構成・伊藤昇)

 ペナントレースも終盤戦に入り、個人タイトルの行方も気になる時期となってきた。中でも熱く盛り上がっているのが、パ・リーグの首位打者争いだ。2015年に打率・363でタイトルを獲得した柳田、昨季はシーズン中盤まで4割をキープした近藤、15年にプロ野球記録のシーズン216安打を達成した秋山がハイレベルな争いを繰り広げている。

 確実に安打を積み重ねる3人の共通点は何か。一球一打を詳細に分析する「データスタジアム社」の協力で、高打率の“極意”が明らかになってきた。

 (1)対左投手に強い 3人とも左打者だが、対左投手の打率は柳田が・340、近藤が・313、秋山が・298と高いアベレージを残す。これはパ・リーグの左打者でもトップクラスで、左右どちらも打てることが好成績を支えている。

【続きを読む】

  • 日本ハム・近藤
  • 西武・秋山
  • パ・打率5傑
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【科学特捜隊】パ首位打者争いの行方 鷹・柳田、日本ハム・近藤、西武・秋山三者三様の持ち味