2018.8.13 05:03(1/2ページ)

星稜、悲劇の結末…6点差逆転され追いついたけど逆転サヨナラ満塁弾浴びた/甲子園

星稜、悲劇の結末…6点差逆転され追いついたけど逆転サヨナラ満塁弾浴びた/甲子園

タイブレークの末、敗れた星稜ナイン。まさに死闘だった

タイブレークの末、敗れた星稜ナイン。まさに死闘だった【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第8日第3試合(星稜11-13x済美=延長十三回タイブレーク、12日、甲子園)星稜の右翼・竹谷理央主将(3年)が、帽子を飛ばしながら必死に走った。しかし白球は無情にも右翼ポールに直撃…。今大会2度目のタイブレーク。9-9の延長十三回に2点を勝ち越しながら、まさかの逆転満塁被弾で、夏が終わった。

 「ずっと『(ファールゾーンに)切れてくれ』と思っていた。相手がダイヤモンドを回るのを見て『負けたんだ』と思いました」

 強力打線と看板エースの奥川(2年)を擁し、優勝候補の一角だった。いきなり5点を先制。一回得点は地方大会から7試合連続。逃げ切りを図る中、誤算が生じた。四回に奥川が右ふくらはぎをつり、緊急降板。7-1の八回に右翼から4番手のマウンドに立った春までのエース・竹谷の両太ももも、投球練習の3球目で悲鳴をあげた。

 「いけるかな、と思った。申し訳ない」

 1死しか取れず右翼へ戻り、寺西(1年)が逆転3ランなどを浴びた。8失点で7-9。それでもあきらめなかった。

【続きを読む】

  • 1回、先制の適時打を放つ星稜・南保=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 1回、適時二塁打を放つ星稜・竹谷=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 1回、適時打を放つ星稜・鯰田=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 1回、適時二塁打を放つ星稜・山瀬=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 3回、三塁打を放つ星稜・南保=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • 3回、相手暴投の間に生還する星稜・南保=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • 先発の星稜・奥川=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • 7回からマウンドに上がった星稜・山口=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • 8回、済美・政吉に逆転の3点本塁打を浴びた星稜・寺西=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 13回、スクイズを決める星稜・佐々井=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 13回、サヨナラ満塁本塁打を放った済美・矢野(手前)に視線を送る星稜・林監督=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 敗れてグラウンドに一礼する星稜・林監督=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 星稜、悲劇の結末…6点差逆転され追いついたけど逆転サヨナラ満塁弾浴びた/甲子園