2018.8.13 05:03(1/3ページ)

高知商、大食カ~ン打線ぜよ!14点の次は12点で慶応ペロリ/甲子園

高知商、大食カ~ン打線ぜよ!14点の次は12点で慶応ペロリ/甲子園

二回に2点三塁打を放つ藤田。強力打線で慶応を圧倒した

二回に2点三塁打を放つ藤田。強力打線で慶応を圧倒した【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第8日(12日、甲子園)2回戦4試合が行われ、12年ぶり出場の高知商は、10年ぶり出場の慶応(北神奈川)に12-6で勝利。“恐怖の7番”藤田昂志郎内野手(3年)が3安打4打点と大暴れした。済美(愛媛)は星稜(石川)に延長十三回タイブレークの末、13-11で逆転サヨナラ勝ち。二松学舎大付(東東京)は昨夏準優勝の広陵(広島)に5-2で競り勝ち、浦和学院(南埼玉)は仙台育英(宮城)に9-0で快勝。それぞれ3回戦に進んだ。

 甲子園の大歓声に押されて、打球がグングンと伸びた。右中間を抜けるのを確認した藤田は、二塁を蹴り、三塁へ激走。2点三塁打で試合の流れを一気に引き寄せた。

 「僕が塁に出てチームの得点源になれば、大量得点につながると思うので、きょうはよかった。日替わりヒーローになろうと思って、臨んでいます」

【続きを読む】

  • 1回、適時三塁打を放つ高知商・西村=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • 2回、適時二塁打を放つ高知商・西村=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • 2回、勝ち越しの適時二塁打を放つ高知商・西村=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)
  • 2回、適時打を放つ高知商・乗松=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 2回、適時打を放つ高知商・山崎=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 先発の高知商・北代=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 高知商、大食カ~ン打線ぜよ!14点の次は12点で慶応ペロリ/甲子園