2018.8.13 05:01

浦和学院・渡辺の父「甲子園で周りに恩返しをして」

浦和学院・渡辺の父「甲子園で周りに恩返しをして」

大型右腕の渡辺は、大谷翔平とそっくりなフォームで力投した(撮影・林俊志)

大型右腕の渡辺は、大谷翔平とそっくりなフォームで力投した(撮影・林俊志)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第8日第2試合(浦和学院9-0仙台育英、12日、甲子園)2回戦が行われ、浦和学院(南埼玉)は、仙台育英(宮城)を9-0で圧倒し、5年前のリベンジを果たした。先発右腕・渡辺勇太朗投手(3年)が6回3安打無失点と好投した

 渡辺の父・信次さん(50)=自営業=はスタンドで応援。渡辺は1年の冬、不振から思い悩み、寮を出たことがある。1カ月間家業の手伝いをして過ごし、野球から離れていた。その後、蛭間主将や森監督から励まされて部活動に復帰した。信次さんは「周りの助けがあって今がある。甲子園で恩返しをしてほしい」と愛息の活躍を願った。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 浦和学院・渡辺の父「甲子園で周りに恩返しをして」