2018.8.13 05:01

慶応・生井、二回の7失点に愕然「どうやってアウトを取ったら…」/甲子園

慶応・生井、二回の7失点に愕然「どうやってアウトを取ったら…」/甲子園

甲子園の土を集める慶応・生井惇己(右)=甲子園球場(鳥越瑞絵撮影)

甲子園の土を集める慶応・生井惇己(右)=甲子園球場(鳥越瑞絵撮影)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第8日第4試合(慶応6-12高知商、12日、甲子園)慶応先発の生井は逆転した直後の二回に、4本の長短打に失策が絡んで7失点。「どうやってアウトを取ったらいいんだろうと思った。(最後の試合で)自分の球に疑心暗鬼になってしまったのが心残り」と肩を落とした。北神奈川大会は渡部との継投で勝ち上がった。いつもより早い四回一死で救援し、無失点でしのいだ渡部は「大学の野球部でも、みんなとやりたい」と次のステージに目を向けた。

五回に高校通算37号の2ランを放った慶応・下山主将「甲子園はチームを一つにしてくれた。(本塁打は)自分のスイングをして努力の成果を見せようとした結果」

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 先発の慶応・生井=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • 1回、適時内野安打を放つ慶応・広瀬=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • 1回、適時打を放つ慶応・根岸=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • 5回、2点本塁打を放つ慶応・下山=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)
  • 試合を見守る慶応・森林監督=甲子園球場(撮影・村本聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 慶応・生井、二回の7失点に愕然「どうやってアウトを取ったら…」/甲子園