2018.8.13 05:00

【各球団スカウトの目】ドラ1候補は大阪桐蔭・根尾&藤原に報徳学園・小園

【各球団スカウトの目】

ドラ1候補は大阪桐蔭・根尾&藤原に報徳学園・小園

大阪桐蔭・根尾

大阪桐蔭・根尾【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第8日(12日、甲子園)出場全56校が初戦を終えた。今年は野手に今秋のドラフト上位候補がそろう。プロ全12球団のスカウトが「1位候補」に挙げるのは、大阪桐蔭の根尾(内野手)と藤原(外野手)、報徳学園・小園(内野手)だ。

 中日・米村チーフスカウトは「内外野と投手もできるのが根尾。岐阜出身で、うちのスーパースター候補と見ている。藤原は打撃はいうまでもなく、足の故障が治ってスピードが戻った。小園は振りが鋭くなった」と高く評価する。

 投手で注目されるのは最速148キロの直球で14三振を奪った金足農・吉田と、浦和学院・渡辺の両右腕。吉田は大学進学を打ち出しているが、甲子園での投球で評価はさらに上がった。

 この日登場した渡辺についてヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「角度(をつけた投球)と球速150キロ以上が期待できる」。巨人・岡崎スカウト部長は「きょうの投球に関係なく、いい投手」、西武・渡辺SDも「楽しみ」と話した。

 このほか、DeNA・吉田スカウト部長は近江・北村(内野手)、広島・苑田スカウト統括部長は花咲徳栄・野村(投手)を推した。

 また、今大会は2年生に好投手が多く、星稜・奥川、創志学園・西、横浜・及川、羽黒・篠田、木更津総合・根本、興南・宮城らが注目を集めている。 (甲子園取材班)

組み合わせへ試合日程へ出場校へ

  • 大阪桐蔭・藤原
  • 報徳学園・小園
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 【各球団スカウトの目】ドラ1候補は大阪桐蔭・根尾&藤原に報徳学園・小園