2018.8.13 05:00

【ルーキー記者、聖地を走る】物おじしない1年生、二松学舎大付・山田捕手に新人記者もメラッ

【ルーキー記者、聖地を走る】

物おじしない1年生、二松学舎大付・山田捕手に新人記者もメラッ

広陵(広島)-二松学舎大付(東東京)幕切れ、勝利してグータッチの二松学舎大付・岸川海(左)と捕手・山田将義=甲子園球場(林俊志撮影)

広陵(広島)-二松学舎大付(東東京)幕切れ、勝利してグータッチの二松学舎大付・岸川海(左)と捕手・山田将義=甲子園球場(林俊志撮影)【拡大】

 高校入学から4カ月で甲子園に出場し、守備の要を任されているのが二松学舎大付・山田将義捕手(1年)だ。

 東東京大会の初戦(3回戦)で先発起用され、いきなり2安打1打点の結果を残した。上級生をリードすることには「コミュニケーションを取れる環境を作ってくれているので話しやすい」。そして「海老原さんのときは任せて、岸川さんのときは引っ張った方が自分の力が出ると思う」と、投手のタイプに合わせてリードを変えている。

 この日も物おじすることなく昨年の準優勝校、広陵に5-2で勝利。甲子園大会の取材を含め、運動部記者として“初物尽くし”の私も負けてはいられない。 (高校野球担当・川並温美)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 【ルーキー記者、聖地を走る】物おじしない1年生、二松学舎大付・山田捕手に新人記者もメラッ