2018.8.12 16:12

仙台育英、完敗も「頑張った」 監督が選手をねぎらう/甲子園

仙台育英、完敗も「頑張った」 監督が選手をねぎらう/甲子園

5回、二塁打を放つ仙台育英・熊谷=甲子園球場(撮影・村本聡)

5回、二塁打を放つ仙台育英・熊谷=甲子園球場(撮影・村本聡)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第8日第2試合(浦和学院9-0仙台育英、12日、甲子園)仙台育英は部員の飲酒、喫煙により昨年12月から6カ月の対外試合禁止処分を受け、聖地にたどり着いた。打線は4安打と沈黙し、守備も乱れて9失点。完敗にも、須江監督は「悔しさしかないが、これまでの日も含めて子どもたちは頑張った」とねぎらった。

 阿部は不祥事での苦しい時期に「どうしたらいいか分からなかった」と主将を辞めることを考えたが、仲間に励まされて乗り越えたという。周囲への感謝を口にし「凡打でもみんな全力で走ってくれた」とチームのひたむきな姿に胸を張った。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 先発の仙台育英・田中=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)
  • 3回途中からマウンドに上がった仙台育英・大栄=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 仙台育英、完敗も「頑張った」 監督が選手をねぎらう/甲子園