2018.8.12 10:16

【試合結果】二松学舎大付が昨年準Vの広陵に競り勝つ/甲子園

【試合結果】

二松学舎大付が昨年準Vの広陵に競り勝つ/甲子園

7回、勝ち越しの適時打を放つ二松学舎大付・右田=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)

7回、勝ち越しの適時打を放つ二松学舎大付・右田=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第8日第1試合(二松学舎大付5-2広陵、12日、甲子園)2年連続3度目の出場の二松学舎大付(東東京)が、七回に3点を奪って勝ち越しに成功し、昨夏準優勝の2年連続23度目出場の広陵(広島)に競り勝った。

 二松学舎大付が一回に先制。2安打と犠打で一死一、二塁とチャンスを作ると4番・保川が、右中間を破る2点二塁打を放ち先制した。広陵は四回、四死球と安打で二死満塁とし、1番・高田が左前適時打を放ち1点を返す。ここで二松学舎大付は先発海老原から岸川に交代した。

 1点差を追う広陵は五回、3番・福光が左翼スタンドへソロ本塁打を放った。同点とされた二松学舎大付は七回一死二、三塁のチャンスを作ると、1番・右田が2点適時打と保川の適時打で3点を勝ち越しに成功。そのまま逃げ切った。

 二松学舎大付は、先発の海老原が3回2/3を1失点で降板。2番手の岸川が1失点で最後まで投げ切った。広陵の森悠は一回に2点を失ったが、その後は立ち直る。しかし、七回に捕まり3点を失った。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 勝利して吠える二松学舎大付・岸川=甲子園球場(撮影・林俊志)
  • 7回、保川の適時打で生還しガッツポーズの二松学舎大付・右田=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)
  • 7回、適時打を放つ二松学舎大付・保川=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • 7回、二松学舎大付・右田に勝ち越しの適時打を許した広陵・森悠=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • 7回、勝ち越しの適時打を放ち一塁上で雄叫びを上げる二松学舎大付・右田=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)
  • 4回、適時打を放つ広陵・高田=甲子園球場(撮影・林俊志)
  • 5回、同点のソロ本塁打を放つ広陵・福光=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • 5回、同点のソロ本塁打を放つ広陵・福光=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  • 4回、適時打を放つ広陵・高田=甲子園球場(鳥越瑞絵撮影)
  • 先発の広陵・森悠=甲子園球場(撮影・林俊志)
  • 先発の二松学舎大付・海老原=甲子園球場(撮影・林俊志)
  • 1回、先制の適時二塁打を放つ二松学舎大付・保川=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 【試合結果】二松学舎大付が昨年準Vの広陵に競り勝つ/甲子園