2018.8.12 05:03(1/3ページ)

報徳学園、小園から全3点!走攻守そろったプロ注目ショートがいきなり大爆発/甲子園

報徳学園、小園から全3点!走攻守そろったプロ注目ショートがいきなり大爆発/甲子園

特集:
2018ドラフト情報
八回に生還した小園。プロ注目の好打者が存在感を見せた(撮影・水島啓輔)

八回に生還した小園。プロ注目の好打者が存在感を見せた(撮影・水島啓輔)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第7日(11日、甲子園)第100回全国高校野球選手権大会の第7日は11日、1回戦、2回戦各2試合が行われた。8年ぶり出場の報徳学園(東兵庫)は、12年連続出場の聖光学院(福島)に3-2で勝利。今秋のドラフト1位候補・小園海斗内野手(3年)が大会記録に並ぶ1試合3本の二塁打を放ち、全3得点をマークした。2年ぶり出場の八戸学院光星(青森)は初出場の明石商(西兵庫)に延長十回、9-8で勝利。4年ぶり出場の龍谷大平安(京都)は3年ぶり出場の鳥取城北に3-2でサヨナラ勝ちし、甲子園大会で2校目となる春夏通算100勝目を挙げた。

 打球が弾んだのは左翼手の前。それでも、小園はためらいなく一塁を回った。そのまま二塁へ滑り込み、聖地を沸かせた。

 「(二塁へ向かったのは)自分の判断です。打球が跳ねて、処理も少し遅かったので。しっかり判断できてよかった」

 一回先頭、試合開始からわずか5球で「小園ここにあり」を見せた。146キロの外角直球を、体を開かずに左方向にはじき返すと、50メートル5秒8の俊足を飛ばした。

【続きを読む】

  • 一回、小園海斗は左中間二塁打=甲子園球場(撮影・榎本雅弘)
  • 三回、小園海斗が二塁打を放つ=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 八回、小園海斗が今日3本目の二塁打を放つ
  • 高校野球・注目の選手
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 報徳学園、小園から全3点!走攻守そろったプロ注目ショートがいきなり大爆発/甲子園