2018.8.12 18:44

オリックス・東明、今季初登板で好投 6回を「何とかゼロで粘れた」

オリックス・東明、今季初登板で好投 6回を「何とかゼロで粘れた」

先発のオリックス・東明=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)

先発のオリックス・東明=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス3x-2ロッテ=延長十回、20回戦、オリックス11勝8敗1分、12日、京セラ)オリックスの東明が今季初登板し6回無失点と好投した。後続が2点差を追い付かれて2年ぶりの勝利はならなかったが「バックの守備に助けてもらい、何とかゼロで粘ることができて良かった」と息をついた。

 二回無死一、三塁のピンチで安田を三飛に、田村を二ゴロ併殺に打ち取り、その裏の味方の先制につなげた。福良監督は「初回は球が高かったが、二回以降は低いところに集めていた。一回(登録)抹消して、また次」と期待した。

福良監督(4連勝)「この勝ちは大きい。また一戦一戦頑張っていく」

ローチ(先発した翌日に救援登板し、来日初勝利)「ふがいない投球をしたので、志願して投げさせてもらった」

白崎(二回の移籍後初本塁打がプロ14本目で初の2ランとなり)「(これまで全てソロなのは)気にしていなかったが、良かった」

試合結果へ

  • 先発のオリックス・東明=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 2回、オリックス・白崎は先制の2点本塁打を放ち二塁をまわる=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 2回、オリックス・白崎が先制2点本塁を放ち、祝福する生還したオリックス・伏見=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 10回、オリックス・中島がサヨナラ打。リプレー検証でセーフが認められ、バンザイ=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 10回、オリックス・中島がサヨナラ打を放つ=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 10回から登板し来日初勝利のオリックス・ローチ=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  • 10回から登板し来日初勝利のオリックス・ローチはウイニングボールを手に笑顔=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス・東明、今季初登板で好投 6回を「何とかゼロで粘れた」