2018.8.11 21:07

西武・中村、プロ野球記録の7試合連続本塁打ならず 山川は3試合連発の31号

西武・中村、プロ野球記録の7試合連続本塁打ならず 山川は3試合連発の31号

5回、適時打を放つ西武・中村=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)

5回、適時打を放つ西武・中村=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)【拡大】

 (パ・リーグ、楽天0-10西武、19回戦、西武14勝5敗、11日、楽天生命)パ・リーグ首位の西武が10-0で楽天に大勝。中村剛也内野手(34)は、王貞治、ランディ・バースが持つプロ野球記録の7試合連続本塁打に王手をかけていたが、この日は一発が出ず。5打数1安打で今月4日の日本ハム戦から続けてきた記録はパ・リーグタイの「6」でストップした。

 西武はウルフ、楽天は岸が先発した。西武は一回無死一、二塁から3番・浅村が左中間スタンドへ23号3ランを放ち先制。二回にも無死一塁から源田が左翼線に適時二塁打、続く浅村も中前適時打を放ち5-0。さらに一死三塁から森の中犠飛で1点を追加した。五回には、一死二塁から中村が左前適時打を放つなどして、3点を追加。六回にも先頭の山川が3試合連発となる31号ソロをバックスクリーンまで運び、10-0にリードを広げた。

 西武はウルフが7回6安打無失点で4勝目(3敗)。相内-マーティンがそれぞれ1イニングを無失点で投げ切った。

試合結果へ

  • 3回、右飛に倒れる西武・中村=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 1回、三振に倒れる西武・中村(右)=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 1回、先制3HRを放つ西武・浅村=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 1回、安打を放つ西武・秋山=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 1回、先制3ランの西武・浅村(右から3人目)らを迎えるベンチ=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 2回、適時打を放つ西武・浅村=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 2回、中前に適時打を放った西武・浅村=楽天生命パーク
  • 8回から登板の西武・相内=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・中村、プロ野球記録の7試合連続本塁打ならず 山川は3試合連発の31号