2018.8.11 21:08

“元弱小校”白山・川本部長涙…終盤の大声援に「当時を思えば考えられない」

“元弱小校”白山・川本部長涙…終盤の大声援に「当時を思えば考えられない」

グラウンドに整列する、敗れた白山ナイン 手前から川本牧子部長と東監督(手前から2人目)=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)

グラウンドに整列する、敗れた白山ナイン 手前から川本牧子部長と東監督(手前から2人目)=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)【拡大】

 兵庫県西宮市の甲子園球場で開催中の第100回全国高校野球選手権大会で11日、春夏通じて初出場の白山(三重)が初戦に臨んだ。愛工大名電(西愛知)に0-10で敗れたが、一昨年まで三重大会で10年連続初戦敗退していた県立の元弱小校は「日本一の下克上」を合言葉に夢舞台を駆け回った。

 津市の山あいの町から出た代表の晴れ舞台を見届けようと、約3500人がバス50台で駆け付けた。一塁側アルプス席からの声援は終盤に球場全体に広がった。5年前に部員が5人だった頃からチームを見る川本牧子部長は「当時を思えば考えられない。いろいろな方に愛されているのが分かった」と涙ぐんだ。

 希望する高校に行けなかった選手を受け入れ、チームとして力を付けてきた。私学や都心部の学校に有力選手が集中する中、節目の第100回大会で新たな歴史を刻んだ。川本部長は「公立でも人数が少なくても、つかみ取れるチャンスはあると思う。いろいろな学校に勇気を与えられたのでは」と笑顔で話した。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 白山のアルプススタンド=甲子園球場(撮影・榎本雅弘)
  • 敗れてグラウンドから引き上げる白山・川本部長=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)
  • 敗れてスタンドにあいさつに向かう白山ナイン=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)
  • 先発の白山・岩田=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. “元弱小校”白山・川本部長涙…終盤の大声援に「当時を思えば考えられない」