2018.8.11 20:39

白山・東監督「また一から甲子園を目指してやりたい」 初出場も1回戦敗退/甲子園

白山・東監督「また一から甲子園を目指してやりたい」 初出場も1回戦敗退/甲子園

8回のマウンドに上がった白山・山本=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)

8回のマウンドに上がった白山・山本=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第7日第4試合(白山0-10愛工大名電、11日、甲子園)春夏通じて初出場の白山は、愛工大名電に投打で圧倒されたが、力強い振りや華麗な守備を何度も見せた。辻主将は「悔いはない。僕たちの力なので」と潔く負けを認めた。

 一昨年までは夏の三重大会で10年連続初戦敗退と、甲子園は遠い舞台だった。東監督は「ずっと負けてきたチームなので、また負けを反省して次につなげていきたい。一から甲子園を目指してやりたい」と前向きに話した。

白山・東監督「相手のほうが一枚も二枚も上だった。また一から甲子園を目指してやりたい」

白山・辻主将「悔いはないです。弱いなりに1年生のときから頑張ってきて、甲子園に出られてうれしかった」

白山・岩田投手(先発して7回8失点)「打球の速さが違うと思った。こういう経験は高校生しかできないので、いい思い出」

白山・栗山遊撃手(再三の好守に)「応援がすごく聞こえて、『応えないと』という責任感がいいプレーにつながった」

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 先発の白山・岩田=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 白山・東監督「また一から甲子園を目指してやりたい」 初出場も1回戦敗退/甲子園