2018.8.10 08:00

【黒田正宏 軍師の断】阪神・秋山立ち直らせた坂本、意外性のリード

【黒田正宏 軍師の断】

阪神・秋山立ち直らせた坂本、意外性のリード

特集:
黒田正宏 軍師の断
1回、マウンドで阪神・坂本(右)と話す秋山=東京ドーム(撮影・岩川晋也)

1回、マウンドで阪神・坂本(右)と話す秋山=東京ドーム(撮影・岩川晋也)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人2-3阪神、18回戦、巨人11勝7敗、9日、東京D)秋山は久しぶりの1軍戦で勝たなければ、というプレッシャーが感じられた。さらに東京ドームでの伝統の一戦ということで、立ち上がりは力が入り過ぎ。その影響で、投げる球がシュート回転して真ん中に入ってしまい、そこを積極打法の巨人打線につかまってしまった。

 ただ、二回からは本来の制球を取り戻した。相手が下位打線だったことも大きかったのだろう。一気に崩れても不思議ではない一回の内容だったが、調子を取り戻せたのは捕手・坂本のおかげでもあった。2軍戦でバッテリーを組んでいて、最近の秋山を熟知している利点を生かした。直球を内外角にうまく散らす意外性のリードで、巨人打線に的を絞らせなかった。見逃し三振が多かったのはその証拠だ。

 坂本起用はベンチのヒットだが、この日の金本監督の好さい配はそれだけではない。継投に入る瞬間に捕手を代えたのも光った。七回の攻撃が、バントが得意な梅野を送り込みやすい展開になったことも幸いしたが、終盤の投手リレーで、梅野が全く異なるリードをしたことで、巨人打線が戸惑った。選手もベンチも納得の勝利だったはずだ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【黒田正宏 軍師の断】阪神・秋山立ち直らせた坂本、意外性のリード