2018.8.9 05:05(1/3ページ)

巨人・阿部、松井氏&原氏の目の前でV弾!入院中の長嶋さんに届けた

巨人・阿部、松井氏&原氏の目の前でV弾!入院中の長嶋さんに届けた

阿部が約2カ月ぶりの6号3ラン。病床の恩師、バックネット裏の恩師に笑顔を届けた(撮影・矢島康弘)

阿部が約2カ月ぶりの6号3ラン。病床の恩師、バックネット裏の恩師に笑顔を届けた(撮影・矢島康弘)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人3-1阪神、17回戦、巨人11勝6敗、8日、東京D)巨人・阿部慎之助内野手(39)が8日、阪神17回戦(東京ドーム)の一回に決勝の6号3ランを放ち、3-1の勝利に導いた。6月14日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)以来、約2カ月ぶりの一発で、本塁打を放った相手投手は通算227人目となり、金本知憲(阪神など)を抜いて史上単独2位に浮上。この日、胆石のため入院していたことが判明した長嶋茂雄終身名誉監督(82)に元気と勝利を送った。

 白球が舞い上がった瞬間、東京ドームが大歓声に包まれた。一回二死二、三塁。阿部が美しいアーチを描いた。台風13号が接近する中でも4万3409人が詰めかけた本拠地の右翼席に吸い込まれた。

 「最高です!! (2カ月ぶりのスタメンで)心拍数が上がりました」

 これが阿部の底力だ。阪神の先発、才木が投じた147キロの直球を捉えた今季6号の3ラン。今季はスタメンから外れ、代打出場も多いが「難しさもすごく痛感している」と経験値を殊勲弾につなげた。

 高卒2年目の右腕からの一発で本塁打を放った相手投手は通算227人目。金本知憲を抜き、タフィ・ローズ(巨人など)の228人にも「あと1」に迫った。通算394本塁打とし、400号の大台も見えてきた。

【続きを読む】

  • 放送席の原&松井氏を見つけると阿部は笑顔で会釈。健在ぶりをアピールした(撮影・荒木孝雄)
  • 原氏と松井氏がテレビ解説で来場。ヒーローインタビューに臨んだ阿部を放送席から祝福した(撮影・山田喜貴)
  • テレビ中継のゲスト解説で笑顔を見せる原氏と松井氏(左)=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • ファンの声援に応える巨人・阿部=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • お立ち台でポーズをとる巨人・阿部(左)と吉川光(右)=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 8回、登板した巨人・沢村=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 7回、登板した巨人・宮国=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 3回、右安打を放つ巨人・重信=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 1回、二塁打を放つ巨人・岡本=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・阿部、松井氏&原氏の目の前でV弾!入院中の長嶋さんに届けた