2018.8.6 05:00

【ダンカン】ピンチの連続…「ドクターl」小野にしびれた~

【ダンカン】

ピンチの連続…「ドクターl」小野にしびれた~

特集:
ダンカン 虎の通信簿
2回、満塁のピンチに山田哲を見逃し三振に斬った阪神先発・小野=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)

2回、満塁のピンチに山田哲を見逃し三振に斬った阪神先発・小野=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-1ヤクルト、13回戦、阪神9勝4敗、5日、京セラ)うっひょ~、ノムさん(野村克也氏)が言っていた『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』のミステリーな勝ちを虎が頂いちまいました~!!

 野球界では三振をビシバシ奪う投手を『ドクターK』なんて言うけど、本日わが阪神の先発、小野くんは『ドクターl』(スコアブックでは残塁《Left On Base》をLの小文字で記入します)の勝利投手なのだ!!

 一回、1点を先制されなおも二死一、二塁、二回二死満塁、三回一死満塁、四回一死一、二塁、五回一死二、三塁、その全ての後続を打ち取り、積み重ねた残塁がなんと12個!! 6安打7四死球と冷や汗ダラダラだったけど、マゾの多い阪神ファンには人気ドラマの『ドクターX』より『ドクターl』はしびれたー!!

 これで対ヤクルト9勝4敗、残り試合も12と他のカードより多いし、ここは大切にお付き合いしましょう!!

 世間には『遠くの親戚(しんせき)より近くの他人』ということわざ(?)がありますが、阪神には『遠くの広島より近くのヤクルト』、これを大事にしていただきたいでありま~す!!

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【ダンカン】ピンチの連続…「ドクターl」小野にしびれた~