2018.8.5 05:05(1/3ページ)

まさにドラマチックタイガース!阪神、北條の“何くそ犠飛”で逆転サヨナラ

まさにドラマチックタイガース!阪神、北條の“何くそ犠飛”で逆転サヨナラ

歓喜のシャワーを浴びる北條(中央)。5時間を超える死闘にケリをつけた(撮影・甘利慈)

歓喜のシャワーを浴びる北條(中央)。5時間を超える死闘にケリをつけた(撮影・甘利慈)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神10x-9ヤクルト=延長十一回、12回戦、阪神8勝4敗、4日、京セラ)真夜中の虎、連敗ストップ!! 阪神は1点を追う延長十一回、同点に追いつくと、北條史也内野手(24)がプロ初のサヨナラ打となる左犠飛を放ち、ヤクルトに逆転勝ち。リリーフ陣が崩れた今季リーグ最長の5時間11分ゲームを打線がカバーして、連敗をストップ。さあ4位浮上、ここからいくで!!

 天国から地獄。そしてまた天国だ。祈りを込めた打球が左翼手の頭上に上がる。心配そうに返球を見つめる。今季リーグ最長の5時間11分の熱闘。プロ初のサヨナラ犠飛で、北條が決めた!! 歓喜のウオーターシャワーは、格別だった。

 「疲れました。ラッキーと思って、ここで(次の打順の)福留さんに回さず、自分で決めてやろうと思っていました!」

 取って取られてのシーソーゲーム。両軍合わせて29安打19得点の超乱打戦。一時は5点差を逆転したが、1点リードの九回二死走者なしから、ドリスが追いつかれ、延長戦へ。

 十一回には桑原が勝ち越し打を浴びた。その裏、一死から代打原口が左前打で出塁し、糸原の左前の打球に左翼手が前進し、打球はフェンス際まで転々。土壇場で出た適時三塁打で同点となった。なお一死三塁で北條だ。カウント1-2からの5球目を打ち上げた。糸原が本塁を駆け抜けると、午後11時を過ぎ、まばらな客席に本当の歓喜の瞬間が訪れた。

【続きを読む】

  • 延長十一回、北條がサヨナラ犠飛を放ち、阪神は最下位を脱出した
  • 阪神・今季サヨナラ勝ち
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. まさにドラマチックタイガース!阪神、北條の“何くそ犠飛”で逆転サヨナラ