2018.8.5 22:48

ヤクルト・山田哲、バースに並べず 記録こだわらずも「打ちたかった」

ヤクルト・山田哲、バースに並べず 記録こだわらずも「打ちたかった」

特集:
山田哲人
4回、死球を受けるヤクルト・山田哲=京セラドーム大阪(撮影・森田達也)

4回、死球を受けるヤクルト・山田哲=京セラドーム大阪(撮影・森田達也)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-1ヤクルト、13回戦、阪神9勝4敗、5日、京セラ)ヤクルトの山田哲は無安打3三振1死球に終わり、7月20日からの連続試合打点は「12」でストップ。バース(阪神)が1986年にマークしたプロ野球記録の「13」には届かなかった。「記録はそこまでこだわっていなかった。でも、打点を挙げることはチームにとっていいことなので、打ちたかった」と、試合にも負けて悔しさをにじませた。

 一回の無死一、二塁に続き、二回2死満塁でも見逃し三振に倒れた。際どいコースだっただけに「打ちたかった気持ちはあるけど、手が出なかった」と冷静に振り返った。

小川監督「四球でチャンスはもらっていたが(阪神先発の)小野を捉え切れなかった」

ヤクルト・田畑投手コーチ(石川に)「良かった。力みがなければ、ああやって球も操れる。(2失点した)五回はもったいなかった」

試合結果へ

  • 9回、遊ゴロに倒れるヤクルト・山田哲=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)
  • 2回、三振に倒れるヤクルト・山田哲=京セラドーム大阪(撮影・森田達也)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト・山田哲、バースに並べず 記録こだわらずも「打ちたかった」