2018.8.5 05:01

米メディア脱帽…大谷は「ビースト」

米メディア脱帽…大谷は「ビースト」

特集:
大谷翔平
インディアンス戦の1回、10号2ランを放ちベンチでタッチを交わすエンゼルス・大谷=クリーブランド(共同)

インディアンス戦の1回、10号2ランを放ちベンチでタッチを交わすエンゼルス・大谷=クリーブランド(共同)【拡大】

 インディアンス4-7エンゼルス(3日=日本時間4日、クリーブランド)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)はインディアンス戦にメジャー初の「3番・DH」で先発出場し、2打席連続本塁打を放つなど5打数4安打3打点の活躍でチームを7-4の勝利に導いた。

 大谷の打撃力に地元メディアが脱帽した。米スポーツ専門誌スポーツ・イラストレーテッドはツイッターで「初の複数本塁打、初の敵地での本塁打。OHTANIはビースト(野獣)」。ロサンゼルス・タイムズ(電子版)は「2本塁打が、エンゼルスのクリーブランドでの敵地10連敗を止めた」と勝利の立役者としてたたえた。

試合結果へ大谷の打撃成績へ

  • 大谷の11本塁打の打球方向
  • エンゼルス・大谷翔平の今季ホームランカルテ
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 米メディア脱帽…大谷は「ビースト」