2018.8.5 15:24

【試合結果】強打の済美が初戦突破、中央学院に競り勝つ 山口直4失点完投/甲子園

【試合結果】

強打の済美が初戦突破、中央学院に競り勝つ 山口直4失点完投/甲子園

4回、本盗を決める済美・山田(左)。捕手は中央学院・池田=甲子園球場(撮影・彦野公太朗)

4回、本盗を決める済美・山田(左)。捕手は中央学院・池田=甲子園球場(撮影・彦野公太朗)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会第1日第2試合(済美5-4中央学院、5日、甲子園)史上最多の56代表校が参加して開幕。第2試合で、2年連続6度目の出場となる済美(愛媛)が、初出場の中央学院(西千葉)を5-4で下した。強打を誇る済美は2-2で迎えた四回、9番・政吉と1番・矢野の適時打などで3点を奪ってリードすると、そのまま逃げ切った。先発した山口直は4失点完投勝利。中央学院は右横手投げの西村が9回を投げ切り、151球9安打5失点と粘りの投球を見せたが、あと一歩及ばなかった。

 試合は一回、済美は一死一、三塁から4番・池内が中犠飛を放ち、1点を先制した。その裏、中央学院はすぐさま反撃。一死二塁から3番・青木が同点の左前適時打。左翼手の本塁悪送球の間に青木は三塁まで進み、続く大谷が左犠飛を放ち、2-1と勝ち越した。

 三回、済美は一死走者なしから1番・矢野が右中間三塁打。二死後、3番・芦谷が左前適時打を放ち、同点とした。

 四回、済美は二死一、二塁から9番・政吉が中前適時打を放ち、3-2と勝ち越した。なおも二死一、三塁の矢野の打席では重盗を成功させ1点を奪うと、矢野もこの日3安打目となる右前適時打で5-2とリードを広げた。その裏、中央学院は二死二塁から7番・西村が左越え適時二塁打を放ち、3-5と2点差に詰め寄った。

 五回から七回までは両軍無得点だったが、八回、中央学院は2番・平野の一ゴロの間に三走が生還。1点を返し、4-5とした。

 九回、山口直は3者凡退で締め、完投勝利。済美が初戦を突破した。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 4回、済美・山田が本盗を決める。捕手は中央学院・池田=甲子園球場(撮影・彦野公太朗)
  • 中央学院戦に先発した済美・山口直=甲子園
  • 4回、勝ち越しの適時打を放つ済美・政吉=甲子園球場(撮影・萩原悠久人)
  • 4回、済美・矢野が右前に適時打を放つ=甲子園
  • 先発の済美・山口直=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 勝利した済美・中矢監督=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 8回、三振に倒れた中央学院・大谷=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 4回、適時二塁打を放つ中央学院・田中=甲子園球場(撮影・彦野公太朗)
  • 戦況を見守る中央学院・相馬監督=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 済美戦に先発した中央学院・西村=甲子園
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 【試合結果】強打の済美が初戦突破、中央学院に競り勝つ 山口直4失点完投/甲子園