2018.8.4 19:44

阪神・藤浪が降格後初実戦で7回1失点「真っすぐで押し込めてはいるんですけど」

阪神・藤浪が降格後初実戦で7回1失点「真っすぐで押し込めてはいるんですけど」

特集:
藤浪晋太郎
先発の阪神・藤浪=鳴尾浜球場(撮影・榎本雅弘)

先発の阪神・藤浪=鳴尾浜球場(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 不振により2軍で再調整中の阪神・藤浪晋太郎投手(24)が4日、ウエスタン・ソフトバンク戦(鳴尾浜)に先発。降格後初の実戦で、7回を5安打1失点だった。テンポよく投げ込んでいった。藤浪は二回に美間に左越えソロを被弾も、失点はその1点のみ。左打者8人が並んだ鷹打線に対して打たせて取る投球でスイスイと7回を96球で投げ終えた。

 「真っすぐで押し込めてはいるんですけど、まだまだ自分として、もっと『核心的な部分』というか。そういう部分をしっかり持って投げていきたいので。バランスが悪いところもありますし、その辺をしっかりよくしていけるようにしたい」

 この日の最速は155キロ。先発で唯一人の右打者の美間に本塁打を浴びたが、それ以外は大崩れしなかった。5安打2四球で走者を背負ったが、併殺打に仕留めて切り抜けるなど要所を締めた。

 矢野2軍監督は「今の段階ではこれでいいんじゃないか。球数が少ない中でも粘れていたしね」とうなずいた。登板間隔は未定だが、次回も2軍戦で先発する見込みだ。

 「シンプルに一生懸命練習して、ゲームでしっかり投げて。結果ももちろん求められますけど、ファームなのでいろいろ試せる場所として、しっかりやっていくことしかないと思います」

 自己最短の0回1/3KOから9日。藤浪が再起に向けて一歩目を踏み出した。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・藤浪が降格後初実戦で7回1失点「真っすぐで押し込めてはいるんですけど」