2018.8.4 05:03(2/3ページ)

ブキさん死去…1956年南海入団時に伝説争奪戦「あなた買います」モデル

ブキさん死去…1956年南海入団時に伝説争奪戦「あなた買います」モデル

南海時代の穴吹義雄氏

南海時代の穴吹義雄氏【拡大】

 大卒の初任給が約1万円だった1956年に契約金700万円で南海入り。中大で2季連続の首位打者に輝いた穴吹さんの札束攻勢での争奪戦は小説「あなた買います」(小野稔著)の題材になり、映画化もされた。

 南海時代、穴吹さんが輝いたのはむしろ指導者としてで、特に2軍監督(73~82年)として山本和範、定岡智秋、河埜敬幸らの打撃を1軍レベルに引き上げた。

 現役13年間の通算成績は打率・264、89本塁打、404打点。デビューは56年の開幕戦(対阪急)で史上初の新人サヨナラ弾と華々しかった。一方、4番定着は60年の1シーズン限りだった。

 ブレイザーの後任として務めた1軍監督も83年から3年間で5、5、6位と低迷。91、92年には買収先のダイエーの編成部長に就き、チームづくりの礎を築いた。「外国人選手には不思議といろんなカネがかかってなあ」。札束攻勢で騒がれた穴吹氏はフロント時代をこう振り返っていた。

 集大成だった少年野球の指導。名誉会長の肩書もそのままだった。猛暑の最中の訃報で、通夜と葬儀はごく近い家族のみで執り行われた。穴吹道場から巣立った教え子らも知らないうちに…。親族関係者は後日、お別れの場を設けることを検討している。

【続きを読む】

  • ありし日の穴吹さん(左端)と南海ナイン。中心打者として活躍した
  • 01年までサンスポ専属評論家で健筆
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ブキさん死去…1956年南海入団時に伝説争奪戦「あなた買います」モデル