2018.8.3 05:04(1/3ページ)

阪神・ロサリオ、解雇危機…球団幹部「現状では厳しい」

阪神・ロサリオ、解雇危機…球団幹部「現状では厳しい」

ここまで期待を裏切る成績のロサリオ。このままでは残留は厳しい

ここまで期待を裏切る成績のロサリオ。このままでは残留は厳しい【拡大】

 阪神のウィリン・ロサリオ内野手(29)が今季限りでの解雇危機に立たされていることが2日、明らかになった。高額年俸3億4000万円の単年契約だが、2年目は球団側に選択権があるもの。球団内では今後、劇的な変わり身を見せない限り厳しいという声が高まっており、単独最下位に低迷する元凶が、崖っぷちに立たされた。

 金本監督の肝いりで、タテジマに袖を通した。待望の長距離砲に周囲も狂喜乱舞した。しかし、待てど暮らせど、“その瞬間”は訪れない。ロサリオの去就について、球団幹部が注目発言した。

 「これから現場とも話し合っていくが、正直、現状では(残留は)厳しいと言わざるを得ない」

 メジャー通算71発の看板を掲げて、韓国球界から入団。年俸は新外国人として球団史上最高額となる3億4000万円だったが、金本政権3年目で13年ぶりのリーグ優勝を目指すため電鉄本社も金庫の重い扉を開けた。

 ところが、その片鱗を見せたのは春先だけ。59試合で打率・240、7本塁打、30打点。特に右投手の外角変化球に苦労し、6月には2軍落ちも経験。7月17日の巨人戦(甲子園)に再昇格を果たしたが、今度は好機での凡退が目立ちだした。得点圏打率・203。前日1日の中日戦(ナゴヤドーム)は比較的楽な7番に降格したが、1点を追う三回無死二、三塁で力ない二飛。相手の松坂はフラフラで守備陣も後ろに下がり、同点覚悟の構えだったが、最悪の結果に終わり、「いつもチームを助けたい」と唇をかんだ。

【続きを読む】

  • ロサリオの年度別打撃成績
  • 阪神・2000年以降の1年で退団した外国人野手成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・ロサリオ、解雇危機…球団幹部「現状では厳しい」