2018.8.2 19:29

オリックス・白崎が移籍後初タイムリー

オリックス・白崎が移籍後初タイムリー

4回、先制の適時打を放つオリックス・白崎=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)

4回、先制の適時打を放つオリックス・白崎=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス-楽天、2日、京セラ)DeNAとの交換トレードでオリックスに移籍した白崎浩之内野手(27)が2日、楽天戦(京セラ)で移籍後初タイムリーを放った。0-0の四回二死満塁で、楽天の美馬が投じた外角145キロの直球を右前へ。2者が生還し、加入後23打席目で待望の適時打をマークした。

 白崎は7月9日にオリックス、DeNA両球団から発表された、オリックスから伊藤光捕手(29)、赤間謙投手(27)、DeNAから白崎、高城俊人捕手(25)とのトレードでオリックスに加入していた。

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス・白崎が移籍後初タイムリー