2018.8.1 13:00(2/3ページ)

【球界ここだけの話(1349)】巨人・菅野が憂う野球界の未来 野球人口拡大への「壁」

【球界ここだけの話(1349)】

巨人・菅野が憂う野球界の未来 野球人口拡大への「壁」

特集:
菅野智之
サンスポ記者の球界ここだけの話
ヒーローインタビュー後、スタンドのファンに手を振る菅野

ヒーローインタビュー後、スタンドのファンに手を振る菅野【拡大】

 「環境をまず整えないと。だって、野球に興味がない子も、野球をやっていたよ。『混ぜてー』って。その場もないんだから。やってみたら楽しい。じゃあ野球チームに入ってみようかなって。そこからだと思う。入ってみてお金がかかる。そうなったところで僕らの手が差し伸べられる。お金がない。道具が買えない。選手会の人が基金を作ってくれて野球を続けられた。将来、プロ野球選手になって恩返ししたいなって。それが底辺拡大だと思う」

 巨人の選手会長である菅野も参加するプロ野球選手会でも、競技人口拡大のためにさまざまな活動をしている。幼稚園訪問や野球教室。話し合いの場では「子供たちが野球に関心を持つきっかけを増やす」ことについてなどの意見交換も行われている。だが、プロの選手たちがつかの間の休日を使い、必死に意見を出し合い、休養日やオフシーズンにイベントを行っても、実際に野球をやる場所がないのでは元も子もない。

 だからこそ、まずは環境の整備が必要なのだ。空いている空き地でもいい。公園を時間制で使用を許可するのでもいい。たしかに金属バットやボールは危ないだろう。サッカーボールのほうが幾分か安全だろう。だが、大人たちの都合で、子供たちが思う存分遊べる場を奪ってしまってはいけないと思う。ただでさえ、いまは外で遊ぶ子も減っている。そんな中、「外で野球がしたい」と叫ぶ子に、大人たちが手を差し伸べてあげなくてどうするのか。1人ではできない。市区町村や自治体ごとで、そういう場所を増やしていってほしい。

【続きを読む】

  • 菅野は先月、西日本豪雨被害を受けた岡山県倉敷市真備町の少年野球チームと交流会を行い、子供たちに野球指導した
  • 汗をぬぐう菅野
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【球界ここだけの話(1349)】巨人・菅野が憂う野球界の未来 野球人口拡大への「壁」