2018.8.1 13:00(1/3ページ)

【球界ここだけの話(1349)】巨人・菅野が憂う野球界の未来 野球人口拡大への「壁」

【球界ここだけの話(1349)】

巨人・菅野が憂う野球界の未来 野球人口拡大への「壁」

特集:
菅野智之
サンスポ記者の球界ここだけの話
菅野は先月、西日本豪雨被害を受けた岡山県倉敷市真備町の少年野球チームと交流会を行い、子供たちに野球指導した

菅野は先月、西日本豪雨被害を受けた岡山県倉敷市真備町の少年野球チームと交流会を行い、子供たちに野球指導した【拡大】

 いつからだろうか。近所の公園で野球ができなくなったのは…。記者が小学生の頃は友達を誘い、バットとグラブ、ボールを持ち寄って公園で野球をするなんて日常のこと。だが、いまでは公園で「ボール使用禁止」などの文字を見ることが増えた。

 それに比例してか、野球の競技人口の減少は進んでいる。日本高校野球連盟(高野連)は6月、全国の野球部員数と加盟校数(5月末現在)を発表。硬式野球部の部員は、昨年度より8389人少ない15万3184人で、4年連続の減少となった。軟式野球部の部員も同548人減の8755人で5年連続の減少。歯止めはきかない。

 もちろん、総人口の減少、少子化のことなども関わってくる。果たしてそれだけだろうか? 巨人・菅野智之投手(28)は野球界の未来を憂い、「環境の充実」を訴える。

 「最近は公園でバットが使えないし、ボールを使っちゃいけないとなっている。僕が小さい頃なんて、みんなバットを持って、公園で野球をやっていた。素振りをしていた。キャッチボールもできた。いまはそれができないんだから。できる場所がないのに、どうやって(競技人口を)増やしたらいいのか。空き地もいっぱいあるし、ここなら使っていいですよとか。そういうこともできると思うし、絶対に環境だと思う」

 確かに、その通りだ。今では子供たちが野球をできる環境はない。もちろん少年野球チームなどの門戸は開いていると思うが、そもそも野球というスポーツに触れたことがない子供たちにとっては、公園や空き地での野球が“出会い”であり、“スタート”。その場を奪ってしまっているのが大人たちなのだ。

【続きを読む】

  • ヒーローインタビュー後、スタンドのファンに手を振る菅野
  • 汗をぬぐう菅野
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【球界ここだけの話(1349)】巨人・菅野が憂う野球界の未来 野球人口拡大への「壁」