2018.7.31 05:03(1/2ページ)

阪神・金本監督、北條1番構想!糸原と「本来は逆にしたいんだけどな」

阪神・金本監督、北條1番構想!糸原と「本来は逆にしたいんだけどな」

好調な北條。金本監督は1番プランがあることを明かした

好調な北條。金本監督は1番プランがあることを明かした【拡大】

 9試合連続安打中と絶好調の阪神・北條史也内野手(24)が30日、東京から新幹線で名古屋入りした。金本知憲監督(50)は、遊撃の定位置をつかみつつある若虎の将来的な1番構想に言及。結果を出し続ければ、新たな役割を任されそうだ。

 自身の勢いをチームの攻撃力に直結させる。打率・371と好調をキープしている北條が出塁すれば、それだけ得点アップにつながる。9試合連続で「2番・遊撃」を任されている24歳は、中軸打者への“アシスト増”へ気合を込めた。

 「クリーンアップに頼もしい先輩方がいるので。その前にランナーがいると相手も嫌だと思う。糸原さんが(塁に)出たら自分が(バントで)送ったり、チャンスメークができたらいいなと思います」

 前日29日のヤクルト戦(神宮)ではバースデーを自ら祝う先制打を放つと、守っても三遊間へのライナーに飛びつき、チームのピンチを救った。31日からの中日戦でも献身は惜しまない。

 1番を打つ糸原も85試合で打率・292、出塁率・397と役割を果たしており、若虎のコンビネーションがより熟成されれば、相手にとって大きな脅威となるはずだ。さらに、そんな2人の将来的な構想について、金本監督は「本来は逆にしたいんだけどな。本来は」と“北條1番構想”を明かした。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・金本監督、北條1番構想!糸原と「本来は逆にしたいんだけどな」