2018.7.28 05:02

阪神・福留、唯一のタイムリー「全員でやっていかないと」

阪神・福留、唯一のタイムリー「全員でやっていかないと」

特集:
福留孝介
三回に同点打を放つ福留。主将がチームを引っ張ったが…

三回に同点打を放つ福留。主将がチームを引っ張ったが…【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト8-2阪神、10回戦、阪神6勝4敗、27日、神宮)勝利への執念をバットに込めて、福留が逆風に立ち向かった。この日チーム唯一となる適時打を含む2安打1打点。最後までファイティングポーズをとり続けた。

 「全員でやっていかないと。そう簡単には物事は変わるわけじゃない」

 三回に糸原、北條の連打で無死一、三塁。打席の主将は「(同点適時打は)後ろにつないでと思っていた」と外角変化球に体勢を崩しながら食らいつき、しぶとく三遊間を破って左前への同点打を放った。

 一回は一死一塁から四球、五回の第3打席は二死から中前打とチャンスメークにも苦心した。「みんな後ろにつなぐ気持ちを持っているわけですから」と最後まで強調したのは打線全体のチームバッティングの重要性。2試合連続複数安打と好調の福留を中心に、たすきをつないで勝利を目指す。 (新里公章)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・福留、唯一のタイムリー「全員でやっていかないと」