2018.7.28 05:04(1/2ページ)

ヤクルト7連勝ヤ!5割復帰だ神宮花火大会、山田は7戦6発

ヤクルト7連勝ヤ!5割復帰だ神宮花火大会、山田は7戦6発

特集:
山田哲人
カラシティーが五回に来日初本塁打。投げては6勝目と投打に活躍した(撮影・山田喜貴)

カラシティーが五回に来日初本塁打。投げては6勝目と投打に活躍した(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト8-2阪神、10回戦、阪神6勝4敗、27日、神宮)ヤクルトは27日、阪神10回戦(神宮)に8-2で勝利し、今季2度目の7連勝。6月29日以来の勝率5割とした。ウラディミール・バレンティン外野手(34)が二回にリーグ本塁打争いトップの24号ソロを放ち先制すると、八回には山田哲人内野手(26)がトップに並ぶ駄目押しの24号ソロ。キング2人のアベック弾でチームの借金を完済した。

 無駄のないシンプルなスイングで直球を左翼席に運んだ。山田哲の頭の中もシンプル。「フルスイングすることだけを心がけました」と振り返った。

 勢いは止まらない。7戦6発。量産態勢にも「狙ってはいないです。スイングの軌道がいい分、角度がついて本塁打になっている」とうなずく。これで7試合連続の打点で勝負強さも戻ってきた。

 後輩の活躍も刺激となった。練習前には母校・履正社高が、大阪桐蔭高と戦った夏の高校野球・北大阪大会準決勝にくぎ付けになった。「スマートフォンとパソコンで見ていました。勝ってほしかったですけど…」と惜敗に残念がった。履正社高の恩師・岡田監督からはシーズン中に「調子はどうだ? 頑張れよ」と、何度も電話をもらい、山田哲も高校時代の初心を思い出すきっかけとなっている。

【続きを読む】

  • 八回に山田哲が駄目押しの24号ソロ。バレンティンと今季8度目のアベック弾が飛び出した(撮影・松永渉平)
  • 二回にはバレンティンが先制の24号ソロで打線に火を付けた
  • 8回、本塁打を放つヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・山田喜貴)
  • ヒーローインタビューで声援に応えるヤクルト・カラシティー=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 5回、勝ち越しの本塁打を放ったヤクルト・カラシティー=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 先発のヤクルト・カラシティー=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 8回、本塁打を放ち生還したヤクルト・山田哲はつば九郎の手荒い祝福に目を閉じる=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 2回、本塁打を放つヤクルト・バレンティン=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 試合後、ウイニングボールを手に引き揚げるヤクルト・ウルキデス(中央)とマット・カラシティー(右)。左はつば九郎=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 9回、投球するヤクルト・ウルキデス=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 6回、2点適時二塁打を放つヤクルト・西浦=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 4回、中適時打を放つヤクルト・西浦=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト7連勝ヤ!5割復帰だ神宮花火大会、山田は7戦6発