2018.7.28 05:03

田中がバティがキクマル以来の満弾競演!広島10点満点、M点灯へドドドォー

田中がバティがキクマル以来の満弾競演!広島10点満点、M点灯へドドドォー

三回一死満塁で、高め速球を右翼席に運んだバティスタ

三回一死満塁で、高め速球を右翼席に運んだバティスタ【拡大】

 (セ・リーグ、広島10-1DeNA、11回戦、広島6勝4敗1分、27日、マツダ)2発の打ち上げ花火でマツダスタジアムがお祭り騒ぎとなった。広島のバティスタと田中がアベック満弾で競演。球団では2013年の菊池と丸以来5年ぶりとなる1試合2本の満塁本塁打で広島の夜空を彩った。

 「力強いスイング。ムーチョ(スペイン語ですごい)パワーね。150キロを打ったからすごく力があるよ」

 お立ち台で本塁打後のパフォーマンス「お好み焼き&サビエル(Xavier)」ポーズを披露し、上機嫌のバティスタ。1-0の三回一死からウィーランドの150キロ直球を一閃。右翼ポール際へ来日初の満塁本塁打となる16号を放って、リードを5点に広げた。

 さらに、5-1の七回に押し出し四球で1点を奪ってなお一死満塁では田中が一発でダメ押しした。武藤の変化球をとらえて右越えに自身通算2本目のグランドスラムとなる6号。今季10度目の2桁得点でDeNAを粉砕し、緒方監督は「あの2本の満弾は大きかった」とうなずいた。

 太陽が燦々と輝くカリブ海に浮かぶ島国、ドミニカ共和国出身のバティスタは記録的な猛暑が続く日本の夏も元気いっぱい。休日には同郷のメヒアとともに広島市内に繰り出し、好物の肉をモリモリと食べる。夏場に体重を落とす選手が多い中でベスト体重に近い110キロ台をキープ。夏バテ知らずの体で最近4試合で3発と絶好調だ。

 「暑いのは好き。この暑さ最高です」

 貯金を今季最多の17に伸ばし、優勝へのマジックナンバーは最短8月1日にも点灯する。6連戦が7週間続く厳しい日程の中、カープアカデミー出身のドミニカンが、夏男になる。(柏村翔)

七回一死満塁でダメ押しの6号満塁本塁打を放った広島・田中「打ったのはスライダー。最高の形でいい追加点になりました」

データBOX

 ◎…広島の1試合満塁弾2発は、2013年5月12日の中日戦(マツダ、○11-6)以来。丸が2号満塁弾、菊地が3号満塁弾を放った

試合結果へ

  • スタンドのファンも大喜びだ
  • 七回、試合を決めるチーム2本目の満塁本塁打を放ち、笑顔で凱旋する田中
  • 3回、満塁本塁打を放った広島・バティスタは先発の野村(右)らとハイタッチ=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 3回、満塁本塁打を放つ広島・バティスタ=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 7回、右越え満塁本塁打を放つ広島・田中=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 先発の広島・野村=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 1回、先制適時打を広島・安部=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 田中がバティがキクマル以来の満弾競演!広島10点満点、M点灯へドドドォー