2018.7.27 05:03

市尼崎・名田がV打!旧友小園と決戦へ/東兵庫

市尼崎・名田がV打!旧友小園と決戦へ/東兵庫

4安打で市尼崎を決勝に導いた名田

4安打で市尼崎を決勝に導いた名田【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会東兵庫大会(26日、市尼崎12-6村野工、ほっと神戸)準決勝2試合が行われ、市尼崎は12-6で村野工との乱打戦を制し、2年ぶりの決勝進出。4番の名田慎一郎外野手(3年)が4安打2打点と活躍した。報徳学園は昨夏王者の神戸国際大付に3-2で勝利。決勝は28日に行われる。

 市尼崎の4番・名田の猛打が止まらなかった。4安打2打点で、チームを2年ぶりの決勝進出に導いた。

 「ずっとチームに貢献できていなかったので、肩の力を抜いて打席に立ちました」

 五回に4-2と逆転したが、すぐさま4点を返されて4-6。そこからが見せ場だった。六回に追いつくと、一死二塁で出番が巡ってきた。

 今大会14打数5安打、打率・357(試合前時点)に納得していなかった主砲が右中間へはじき返し、二塁ベースに頭からすべり込んだ。みなぎる闘志をそのままに決勝打。主砲に導かれ、チームも初戦の2回戦から5試合連続2桁安打だ。

 2年前に出場した甲子園ではスタンドで太鼓をたたきながら「自分も行きたいと思った」-。あのときから目標は明確になった。

 「報徳が(決勝に)来いと思っていた」

 相手の中心選手で今秋のドラフト1位指名候補・小園(3年)は宝塚リトルでのチームメート。1、2番コンビを組んだ旧友と、甲子園出場を懸けてぶつかる。

 「相手より1点でも多く取ればいい。絶対に倒したい」

 言葉には自然と力がこもった。待ってろ、小園-。夢を叶えるのは「イチアマ」だ。 (須藤佳裕)

名田 慎一郎(なだ・しんいちろう)

 外野手。2000(平成12)年4月15日生まれ、18歳。兵庫・宝塚市出身。安倉小3年から宝塚リトルリーグで野球を始める。安倉中では伊丹ボーイズでプレー。市尼崎では2年秋からベンチ入り。右投げ左打ち。1メートル74、77キロ。背番号「7」

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 市尼崎・名田がV打!旧友小園と決戦へ/東兵庫