2018.7.26 20:08

阪神・藤浪、一回途中5失点でKO 4四球で自滅

阪神・藤浪、一回途中5失点でKO 4四球で自滅

特集:
藤浪晋太郎
1回途中で降板する阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・岩川晋也)

1回途中で降板する阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・岩川晋也)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神-広島、14回戦、26日、甲子園)雨により1時間12分遅れで始まった試合。阪神の先発藤浪は、1死しか取れず、2安打4四球5失点で降板した。

 22日ぶりとなる1軍マウンドで注目された藤浪は、立ち上がりから制球が不安定。無死から2四球と安打で満塁とされると、鈴木の遊ゴロの間に1点を先制される。さらに四球で再び満塁とすると、西川に左中間に適時二塁打を浴び、2点を追加され、岩本にも四球を与えたところで、無念の降板となった。

 その後、藤浪の後を受け、一死満塁で登板した2番手・岡本が磯村に右前2点打を打たれ、阪神はこの回だけで5点を失った。

試合結果へ

  • 2回攻撃前に円陣を組む阪神の選手ら、左に降板した藤浪晋太郎=甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 1回、ベンチの阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・森本幸一)
  • 1回、ベンチの阪神・藤浪と糸井=甲子園球場(撮影・森本幸一)
  • ベンチで話す阪神・鳥谷(左)と藤浪=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 1回途中で降板する阪神・藤浪(左)、右に2番手の岡本=甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 1回、広島・西川に適時二塁打を打たれる阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 先発の阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 先発の阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 空を見上げる阪神・藤浪=甲子園球場(撮影・門井聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・藤浪、一回途中5失点でKO 4四球で自滅