2018.7.26 05:00

【ダンカン】代打打率5割超えの原口に神様見習いの“称号”を!

【ダンカン】

代打打率5割超えの原口に神様見習いの“称号”を!

特集:
ダンカン 虎の通信簿

 (セ・リーグ、阪神6-3広島、13回戦、広島9勝4敗、25日、甲子園)よっしゃ!! 地元甲子園での連敗が「5」で、広島戦の連敗が「6」でストップ!! ここから虎の猛攻の始まりや!!

 若虎・北條や伊藤隼、さらには新外国人・ナバーロの活躍が目立ったけど、六回の代打・原口の適時打が“野球的”には大きいのだ!!

 阪神の魅力の一つに、『窮鼠猫を噛む』ならぬ『窮虎猫を噛む』というのがあるのだ(虎なら猫くらい噛めるやろ、のツッコミはなしよ)。

 それが古くは男・川藤幸三、真弓明信、神様とあがめられた八木裕、球団のシーズン代打安打記録(2008年の23本)を持つ桧山進次郎、必死のパッチの関本賢太郎であったのだ。

 正直な話、阪神は弱い…。そりゃ1985年を最後に日本一から遠ざかっているんだから、虎党のオレも認めます!!

 だけど、その弱さの中にわずかに残された最後の意地とも言える代打の一振りが、ビリビリと感電するように虎党をシビれさせてくれるのだ。

 本日、今季15本目の代打安打を放ち、桧山の記録にあと「8」と迫った原口はスゲ~よ! 代打で打率5割超えだもん! よって原口に神様見習いや準神様の“称号”を与え、バットにこの暑い夏を託すべし!!

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【ダンカン】代打打率5割超えの原口に神様見習いの“称号”を!