2018.7.26 22:06

【決勝打一問一答】ヤクルト・山田哲「逆方向を意識して、進塁打を打つつもりでいった」

【決勝打一問一答】

ヤクルト・山田哲「逆方向を意識して、進塁打を打つつもりでいった」

特集:
山田哲人
11回、勝ち越しの適時打を放ったヤクルト・山田哲=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)

11回、勝ち越しの適時打を放ったヤクルト・山田哲=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人1-2ヤクルト=延長十一回、17回戦、巨人9勝8敗、26日、京セラ)ヤクルトは1-1の同点で迎えた延長十一回、山田哲人内野手(26)が決勝の中前適時打を放ち、6連勝とした。敗れた巨人は6連敗となった。以下は山田哲の一問一答。

 --延長戦で大きな仕事

 「勝ててよかった」

 --打席での心境

 「逆方向を意識して、進塁打を打つつもりでいった。チャンスだったし、しっかり仕事ができてよかった」

 --九回は同点のホームも踏んだ

 「もう必死で塁に出た。自分で言うのもなんだが、しっかりと仕事ができた」

 --2安打と盗塁でトリプル3も見えてきた

 「個人的な目標として達成したい数字なので、結果を残していきたい」

 --27日からは神宮での試合

 「きょうみたいな粘り強い野球をやりたい」

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 【決勝打一問一答】ヤクルト・山田哲「逆方向を意識して、進塁打を打つつもりでいった」