2018.7.26 05:00

プロ4球団が大阪桐蔭・根尾視察「(投手と野手で)どちらがいいのか迷う」/北大阪

プロ4球団が大阪桐蔭・根尾視察「(投手と野手で)どちらがいいのか迷う」/北大阪

吠える大阪桐蔭・根尾昂=大阪シティ信用金庫スタジアム(撮影・水島啓輔)

吠える大阪桐蔭・根尾昂=大阪シティ信用金庫スタジアム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会北大阪大会(25日、大阪シティ信用金庫スタジアムほか)準々決勝4試合が行われ、史上初となる2度目の甲子園春夏連覇を目指す大阪桐蔭は2-1で金光大阪に勝利した。今秋のドラフト1位指名候補、根尾昂内野手(3年)が「5番・投手」で今大会初先発し、4安打7奪三振1失点で完投。野手としての評価が高い中、“二刀流”としてマウンドでも素質の高さを見せつけた。

 この日はプロ4球団が視察。ヤクルト・橿渕編成部スカウトグループデスクは根尾について「マークが厳しい中でも余裕みたいなものを感じる。常に同じパフォーマンスを出せている」と堂々とした投球に惚れ惚れ。走攻守三拍子がそろい、野手としての評価が高いが「(投手と野手で)どちらがいいのか迷う」と“うれしい悩み”を持ち帰った。

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. プロ4球団が大阪桐蔭・根尾視察「(投手と野手で)どちらがいいのか迷う」/北大阪