2018.7.24 05:04(1/2ページ)

阪神・金本監督、糸井は「放っとく」!コイ3連倒へ秘策

阪神・金本監督、糸井は「放っとく」!コイ3連倒へ秘策

特集:
糸井嘉男
勝負の広島3連戦を前に金本監督から「放っとくしかない」と逆説的なゲキを飛ばされた糸井。頼んまっせ!!

勝負の広島3連戦を前に金本監督から「放っとくしかない」と逆説的なゲキを飛ばされた糸井。頼んまっせ!!【拡大】

 絶対3連勝!! 阪神・金本知憲監督(50)が23日、24日からの広島3連戦(甲子園)へ向け空路で帰阪。虎と10差で首位の鯉に3連敗すれば自力優勝の可能性が消滅する直接対決を前に3連勝を誓った。右腓骨骨折から完全復活した糸井嘉男外野手(36)を「放っとく」とリミットを外す秘策で、セ界をもう一度かき回す。

 捕まえるなら、もう今しかない。これ以上なくイキのいい鯉だ。自由自在に動き回る“糸”をたぐり、強く激しく引っ張り込む。絶対に、3つ取りにいく。本拠地・甲子園で迎える真夏の広島3連戦。直接たたくしかない、と問われた金本監督は、大きくうなずき、自然と語気を強めていた。

 「そらそうですよ。うん。そう思いますよ」

 5連敗から2連勝で踏みとどまり、甲子園へと戻る羽田空港。3連敗なら自力Vが消え、細い糸は途切れる。将としても当然、広島をつぶしにいく勝負どころはここだと、腹を決めていた。

 そのカギを握るのは、完全復活した糸井に他ならない。「状況を見つつというか、もう(糸井は)放っとくしかない。本当に。自由にやりなさいって」とまで言い切った。右腓骨の骨折で離脱していたにもかかわらず21日のDeNA戦(横浜)から復帰即2戦連発と“超人的”復帰。これだけでも仰天なのだが、さらに指揮官が「自由に-」と思うに至ったのは、22日の一回。先制適時打を放った糸井が二死一、三塁で二盗を試みたシーンが原因だった。

 「びっくりするけどな(笑)。糸井もあそこで行くなら120%(の確率)で行かないとな。えーって思ったもん」

【続きを読む】

  • 広島戦3連勝を誓った金本監督。糸井をグラウンドに「放っとく」秘策でゲーム差を詰める
  • キャッチボールに臨む阪神・岩田=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 投内連携に臨む阪神・小野=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 投内連携に臨む阪神・秋山=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・金本監督、糸井は「放っとく」!コイ3連倒へ秘策