2018.7.22 21:08

阪神が4発11点で連勝!ナバーロ来日1号、メッセは10勝目

阪神が4発11点で連勝!ナバーロ来日1号、メッセは10勝目

2回、本塁打を放つ阪神・ナバーロ=横浜スタジアム(撮影・山田喜貴)

2回、本塁打を放つ阪神・ナバーロ=横浜スタジアム(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA7-11阪神、14回戦、阪神10勝4敗、22日、横浜)阪神がエフレン・ナバーロ内野手(32)の来日1号ソロを含む4本塁打などで11得点を奪い連勝を飾った。先発のランディー・メッセンジャー投手(36)は7回3安打2失点で10勝目(6敗)を挙げた。

 阪神は一回一死一、二塁で糸井が中前適時打を放ち1点を先制した。DeNAはその裏、ソトが左翼席へ12号ソロを放ち、同点に追いついた。

 阪神は二回、ナバーロが今永の4球目を強振。ボールは右翼席ポール際中段に飛び込む1号ソロとなった。なおも二死二塁で糸原が右中間へ適時二塁打を放ち追加点。三回には先頭の糸井が右前打で出塁すると、続くロサリオが右中間席へ7号2ランを叩き込みリードを広げた。

 五回にも先頭の糸井が右翼席に12号ソロを放ち1点を追加。さらに六回、二死一二塁から福留が左中間へ2点適時二塁打を放って加点した。七回には一死一塁から陽川がバックスクリーン直撃の4号2ランを放ち突き放し、八回にも中谷の犠飛で1点を加えた。

 六回にソトの犠飛、八回に梶谷の7号ソロで2点を返され、九回には4点を返されたが、DeNAの反撃に耐えてリードを守り切った。

試合結果へ

  • 2回、本塁打を放つ阪神・ナバーロ=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 2回、本塁打を放ったナバーロを迎える阪神・金本監督=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 先発の阪神・メッセンジャー=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)
  • 3回、2点本塁打を放つ阪神・ロサリオ=横浜スタジアム(撮影・山田喜貴)
  • 5回、右本塁打を放った糸井(左)をジャンプで迎える阪神・ロサリオ=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 5回、本塁打を放つ阪神・糸井=横浜スタジアム(撮影・山田喜貴)
  • 1回、適時打を放つ阪神・糸井=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)
  • 7回、2点本塁打を放つ阪神・陽川=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)
  • 6回、2点適時二塁打を放つ阪神・福留=横浜スタジアム(撮影・山田喜貴)
  • 2回、適時二塁打を放つ阪神・糸原=横浜スタジアム(撮影・山田喜貴)
  • 8回、中犠飛を放った阪神・中谷=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 2回、安打を放つ阪神・梅野=横浜スタジアム(撮影・山田喜貴)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神が4発11点で連勝!ナバーロ来日1号、メッセは10勝目