2018.7.21 05:01

実践学園のエース・小山が悔し涙 3連続四死球で降板/東東京

実践学園のエース・小山が悔し涙 3連続四死球で降板/東東京

 第100回全国高校野球選手権大会東東京大会(20日、修徳7-2実践学園、神宮第二)2-7で修徳に敗退。先発の最速149キロ右腕、小山(3年)は1回0/3を2失点、3連続四死球を与えて降板し、「期待された中で結果が出せず、自分のせいで負けてしまった。この悔しさを無駄にせず、大学へ行ってプロを目指したい」と涙をこぼした。沢里監督は「はまれば強豪も抑える力がある。きょうは流れが悪かった」とエースをかばった。

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 実践学園のエース・小山が悔し涙 3連続四死球で降板/東東京