2018.7.21 05:01

JR東日本が零封リレー!堀井監督「百点満点」/都市対抗

JR東日本が零封リレー!堀井監督「百点満点」/都市対抗

新日鉄住金鹿島戦に2番手で登板したJR東日本・西田=東京ドーム

新日鉄住金鹿島戦に2番手で登板したJR東日本・西田=東京ドーム【拡大】

 第89回都市対抗野球第8日(20日、東京ドーム)2回戦が行われ、JR東日本(東京都)、鷺宮製作所(東京都)、三菱重工神戸・高砂(神戸市・高砂市)が準々決勝に進んだ。JR東日本は二回に先制し、板東と西田の継投で新日鉄住金鹿島(鹿嶋市)に1-0で競り勝った。鷺宮製作所は二回に中山の適時打で先制点を挙げて、1-0で昨年準優勝の日本通運(さいたま市)を破った。三菱重工神戸・高砂は藤井が完封し、3-0で王子(春日井市)を下した。

 JR東日本は板東-西田の無失点リレーで貴重な1点を守り切った。右投げの板東は入社5年目の22歳。徳島・鳴門高時代はエースとして甲子園のマウンドに上がった。七回途中まで4安打9奪三振と好投し、「勝ちにつながってよかった」と胸を張った。七回二死一、三塁からは大会直前に20歳になった西田が抑えた。堀井監督は「選手の成長にはびっくり。(投手陣は)百点満点」と評価した。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. アマ野球
  4. JR東日本が零封リレー!堀井監督「百点満点」/都市対抗