2018.7.20 18:07

鷺宮製作所、好走でワンチャンス生かす 目良監督「紙一重でものにできた」/都市対抗

鷺宮製作所、好走でワンチャンス生かす 目良監督「紙一重でものにできた」/都市対抗

2回表鷺宮製作所2死二塁、中山が中前に先制打を放つ。投手阿部=東京ドーム

2回表鷺宮製作所2死二塁、中山が中前に先制打を放つ。投手阿部=東京ドーム【拡大】

 第89回都市対抗野球大会第8日(20日、鷺宮製作所1-0日本通運、東京D)計3安打の鷺宮製作所が、唯一のチャンスを生かした。二回2死二塁、中山の中前打で二塁走者の橋本が本塁へ生還。「チームで一番足が遅い」と自認する4番打者の滑り込みが、捕手のタッチよりわずかに早かった。

 中山が「セーフか微妙なタイミング」と感じた打球に迷いなくホームに突っ込んだ。橋本は「大量点を奪えるチームではないので、練習から積極的な走塁への意識は高い」と語った。1-0の勝利に目良監督は「紙一重でものにできた。三塁コーチも含めていい走塁」と褒めた。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 2回表、中山の中前打で先制のホームを踏んだ橋本(中央)を迎える鷺宮製作所ナイン=東京ドーム
  • 2回表鷺宮製作所2死二塁、中山の中前打で二走橋本が生還。捕手木南=東京ドーム
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. アマ野球
  4. 鷺宮製作所、好走でワンチャンス生かす 目良監督「紙一重でものにできた」/都市対抗