2018.7.19 05:05(1/3ページ)

DeNA・筒香、2打席連発!自己最速20号&キング並んだ21号

DeNA・筒香、2打席連発!自己最速20号&キング並んだ21号

特集:
筒香嘉智
六回に左翼席へ20号を放つ筒香。七回にも21号を放ち、リーグトップに並んだ(撮影・斎藤浩一)

六回に左翼席へ20号を放つ筒香。七回にも21号を放ち、リーグトップに並んだ(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA7-2ヤクルト、14回戦、ヤクルト9勝5敗、18日、横浜)DeNAは18日、ヤクルト14回戦(横浜)に7-2で快勝し、連敗を4で止めて10日以来の3位に浮上した。主砲の筒香嘉智外野手(26)が、六回に5年連続の20号到達となるソロ、七回には右中間席中段へ2打席連発となる21号ソロを放ち、試合を決めた。チーム81試合目での20号到達は、44本塁打をマークして本塁打王に輝いた2016年に並ぶ自身最速。本塁打数でもセ・リーグトップに立った。

 夏休み目前。心浮きたつ子供たちに、筒香がでっかい夢を届けた。

 「自分のスイングで強く打つことができました」

 振り返ったのは六回の場面。先頭のソトが右翼席中段に10号ソロを放って2-0とすると、主役のお出ましだ。ヤクルト2番手・星の外角直球を逆方向となる左翼席へ運び、自身5年連続の20号に到達。好調のバロメーターである左方向へのアーチで、まず球団では村田修一(現BCリーグ・栃木)以来、7年ぶり6人目となる記録を打ち立てた。

 “プレゼント”は、これで終わらない。6-1で迎えた七回の第4打席。内角球を振り抜き、セ・リーグトップに立つ21号の125メートル弾を右中間席へほうり込んだ。1試合での2打席連発は今季3度目。シーズン81試合目の20号到達は44本塁打でタイトルを獲得した2016年と同じで、21号では自身最速。16年は28本塁打、昨季は18本塁打を7月以降に放った“夏男”が、暑さとともにいよいよ本領を発揮し始めた。

【続きを読む】

  • ベンチに戻り、ナインとハイタッチ(撮影・斎藤幸一)
  • 筒香嘉智の年度別打撃成績
  • DeNA・筒香嘉智の20、21号の到達試合数
  • セ・打撃部門5傑
  • 子供たちに限定ユニホームを渡すDeNA・筒香=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 子供たちに限定ユニホームを渡すDeNA・筒香(左)=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 1回、先制適時打を放ったDeNA・ソト=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 1回、DeNA・ソトが左翼線に先制二塁打を放つ=横浜
  • 1回、ソトの適時打で生還し、タッチをかわすDeNA・梶谷=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 先発のDeNA・ウィーランド=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA・筒香、2打席連発!自己最速20号&キング並んだ21号