2018.7.17 05:03(1/2ページ)

大阪桐蔭、快勝発進!ドラ1候補の藤原が爆走「足でみせようと」/北大阪

大阪桐蔭、快勝発進!ドラ1候補の藤原が爆走「足でみせようと」/北大阪

藤原は二回、根尾の安打で二塁から一気に生還した (撮影・松永渉平)

藤原は二回、根尾の安打で二塁から一気に生還した (撮影・松永渉平)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会北大阪大会(16日、大阪桐蔭9-0四條畷=七回コールド、大阪シティ信用金庫スタジアム)勇ましくダイヤモンドを駆け抜けた。硬さが出やすい初戦でも藤原は伸び伸び…。50メートル走5秒7の快足から生まれた勢いで、スター軍団の夏は幕を開けた。

 まずは二回先頭で入った第1打席だ。右中間へ鋭い打球を打ち返すと、一気に二塁を陥れた。「足でみせようと思っていた。(根尾=3年=の打球が)いいところに落ちてくれたので、狙おうと思って走りました」。続く根尾の打ち上げた打球は長打警戒でフェンス約10メートル前まで後退していた中堅手の前に落ちた。藤原は判断良くスタートを切ると、すぐさまトップスピードに乗り、三塁コーチャーの制止を振り切って生還。チームの今夏初得点をもぎ取った。

 西谷浩一監督(48)は「“強引な走塁”ですけど、それも(藤原の)良さ」。スタンドで視察していたプロ5球団の関係者も、「試合間隔が空いた中でこの走塁。脚力は十分」(ロッテ・下敷領スカウト)と高く評価した。

【続きを読む】

  • 2回、二塁打を放った大阪桐蔭・藤原=大阪シティ信用金庫スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 6回、適時二塁打を放つ大阪桐蔭・藤原=大阪シティ信用金庫スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 5回、二塁打を放つ大阪桐蔭・根尾=大阪シティ信用金庫スタジアム(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 大阪桐蔭、快勝発進!ドラ1候補の藤原が爆走「足でみせようと」/北大阪