2018.7.17 21:58

V候補東芝が初戦大勝 3ランの松本「大事なところで1本打ててよかった」/都市対抗

V候補東芝が初戦大勝 3ランの松本「大事なところで1本打ててよかった」/都市対抗

3回、本塁打を打つ東芝・松本=東京ドーム(撮影・佐藤雄彦)

3回、本塁打を打つ東芝・松本=東京ドーム(撮影・佐藤雄彦)【拡大】

 第89回都市対抗野球大会第5日(17日、トヨタ自動車東日本1-12東芝=七回コールド、東京D)8度目の頂点に挑む東芝が七回コールドゲームで初戦を飾った。二回に小川が逆転2ラン、三回に主将の松本が3ランを放ち、大勝を呼び込んだ。松本は「大事なところで1本打ててよかった」と笑顔だった。

 一発だけでなく、しぶとい打撃も光り、先発全員の14安打をマーク。つながった打線に、今季から指揮を執る平馬監督は「これが東芝野球だと思っている。なかなかアウトにならないような打撃をしてくれた」と満足顔だった。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 2回、逆転本塁打を打つ東芝・小川=東京ドーム(撮影・佐藤雄彦)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. アマ野球
  4. V候補東芝が初戦大勝 3ランの松本「大事なところで1本打ててよかった」/都市対抗