2018.7.16 05:03(1/3ページ)

危な勝った…履正社、摂津に2度追いつかれ苦戦もサヨナラ3回戦進出/北大阪

危な勝った…履正社、摂津に2度追いつかれ苦戦もサヨナラ3回戦進出/北大阪

九回無死二、三塁から中前にサヨナラ打を放った浜内(撮影・森本幸一)

九回無死二、三塁から中前にサヨナラ打を放った浜内(撮影・森本幸一)【拡大】

 第100回全国高校野球選手権大会北大阪大会(15日、豊中ほか)2回戦6試合が行われ、履正社は摂津に6-5でサヨナラ勝ちした。終盤に2度追いつかれる展開だったが、九回無死二、三塁から主将・浜内太陽外野手(3年)が中前打を放ち、苦しみながらも初戦を突破した。汎愛は8-4で関大第一に勝利した。

【続きを読む】

  • 三塁から筒井(左から2人目)が生還して、接戦に決着がついた
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 危な勝った…履正社、摂津に2度追いつかれ苦戦もサヨナラ3回戦進出/北大阪