2018.7.14 05:04

野球殿堂入り表彰式 原氏が感無量…天国の父も「喜んでくれている」

野球殿堂入り表彰式 原氏が感無量…天国の父も「喜んでくれている」

野球殿堂入りの表彰式に出席した(左から)松井氏、金本監督、原氏 (撮影・林俊志)

野球殿堂入りの表彰式に出席した(左から)松井氏、金本監督、原氏 (撮影・林俊志)【拡大】

 マイナビオールスターゲーム第1戦(13日、全パ7-6全セ、全パ1勝、京セラ)今年、新たに野球殿堂入りした松井秀喜氏(44)、阪神・金本知憲監督(50)、原辰徳氏(59)の表彰式が13日、オールスターゲーム第1戦(京セラ)の試合前に行われた。

 巨人、ヤンキースなどで日米通算507本塁打を記録。1月の通知式を欠席していた松井氏は、後輩の巨人・坂本勇から花束を受け取り「野球人として最高の栄誉」と実感を込め、師弟関係にあった巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(82)に感謝した。自身の今後については「まだ考え中。今の自分の役割、やらなくてはいけないこと。それが将来にどうつながるか分からないけど、考えなくてはいけない」と話した。

 巨人監督として7度のリーグ優勝、日本代表監督として2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で優勝した原氏は、14年に78歳で死去した父・貢さんとの思い出を振り返り「天国で喜んでくれていると思います」と感無量の様子だった。試合結果へ出場選手・監督へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 野球殿堂入り表彰式 原氏が感無量…天国の父も「喜んでくれている」